画期的な新発想ウォーターベッド

現在日本で使用されている、ベッドには様々なアイデアや工夫が凝らされているものが数多くあります。
昭和中期頃に、ウォーターベッドが開発され、都心の某有名ホテルの客室に日本で始めて設置されました。
ものめずらしさも手伝って、新開発の寝具の寝心地を試しに来る客でホテルは連日人気を呼びました。
近年では温度調整できるものもあり、一般家庭などでも取り入れられるほど普及しています。
その名の通り中には水やジェル状の液体が入っています。
ウォーターベッドは、水が入っている袋部分に対して鋭利なものに気をつけなければなりません。
簡単には破れはしないように作られていますが、その注意点に関しては発売当初から変わっていません。
最大の利点は、寝ている時マットにつけている身体の面にフィットするため、リラックスし深い眠りを得られるということです。
この効果は病院などでの機械によるマッサージを行う治療用ベッドにも採用されています。
腰痛や関節に痛みがある方でも抵抗なく使用することができます。